デルタAMEXの入会1.6万マイルが月末終了。クロスオーバーリワード考察

デルタAMEXゴールド入会の1.6万マイル全プレキャンペーンが4月30日で終了します。条件クリア等一切不要。必要なのはデルタスカイマイル会員番号のみ。

たぶん一旦終了だと思うんだけどさ、再開の保証はないしね。
ちなみに前回の1.6万マイルキャンペーン終了後、3ヶ月ほどは入会8千マイルの基本キャンペーン期間が続きました。ということで、迷っている方は逝っときましょ。
デルタ アメックス ゴールドカード のWEBサイト

 
そして今回、デルタAMEXゴールドとSPGアメックスで実現させるマイルとポイント二重取り「クロスオーバーリワード」について、旅行バカを考察し脳内をテキスト化してみました。興味のある方だけどうぞ。

この投稿の続きを読む »

タグ

SPG、7月末までの宿泊にダブルorトリプルスターポイントを加算

SPGトリプルポイントSPG、スターウッドプリファードゲストプログラムの新プロモーションがスタート。

期間中の滞在であれば、基本全てがトリプルポイント加算ですが、中東地区のホテルのみダブルポイントベース、日曜日を含む宿泊だけがトリプルポイント加算となります。

キャンペーンは登録制です。お忘れなく。

この投稿の続きを読む »

タグ

2014年4月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スターウッド

デルタ、ニッポン500マイルキャンペーンを2015年まで継続。LCCでマイル獲得

やめる理由が無い、やめれない、と書いてきたデルタのニッポン500マイルキャンペーンですが、やっぱり継続となりました。国内に加盟エアラインを持たないスカイチームのデルタ航空ですが、スカイマークと提携しており、国内線の特典航空券として利用することができ、A330が投入される東京/福岡線でも利用可能となっています。

デルタニッポン500マイル2014年度2015年度

期間
2014年4月1日から2015年3月31日まで

JAL、ANA、LCC各社、新興エアライン各社、有償無償を問わず(アワードでも可)1区間の搭乗に付き、デルタへ500マイルを加算することができます。

LCCやスカイマークなど、FFPを持たないエアラインに搭乗しつつマイルを貯めようという方はこのキャンペーンに乗っかるしか方法がありませんから、マメに応募しちゃってください。

この投稿の続きを読む »

タグ

デルタアメックス、入会するだけで1.6万マイル。期間限定キャンペーン

AMEXネタ連発で失礼いたします。

金で売れるものは上級会員資格からラウンジ利用資格、マイルに至るまで何から何まで売ってしまうデルタ航空ですが、またまた始まりましたw

何故か知らないけど、入会するだけで1.6万マイルをプレゼントするそうです。
昨日まで8000マイルプレゼントだったのが、いきなり倍ですw
ややこしい条件等一切ナシ。
必要なモノはデルタ航空スカイマイルの会員番号のみという潔さ。

dlamex1

1年で離脱する人も続出するであろうバラマキ

この投稿の続きを読む »

タグ

エールフランス、A380の航空券や割引きクーポンなどが当たるイベント開催中

エールフランスでは「ソーシャルトラベラー:パリへの旅」と称して600点以上の商品があたるイベントを開催中です。

ゲームは登録制になっており、友人を招待することで飛行機が前に進み抽選券を一口獲得できるという仕組み。なんかちょっとネズミ講っぽいんですが…w

特賞はパリ行き航空券、懸賞応募締め切りは20102年9月11日までとなっています。

興味がある方はエールフランスのWEB、ソーシャルトラベラーパリへの旅から

 

ちなみにAFのA380って結構面白いシート配置になっていて、且つよく考えられているなぁ、と思います

ワタシはアフェール(Cクラス)しか乗ったことがありませんが、よく利用する中国人のツレに言わすとプレミアムボヤジャー(プレミアムエコ)がコストパフォーマンス高くてお勧めなんだそうで。

成田ーパリ間はA380がデイリーで運航中

AF275 NRT11:55 CDG 17:15
AF276 CDG13:30   NRT   08:00+1

A380クラス別サービス詳細はエールフランスのWEBから。

 

今AFも運賃安いですよねぇ、KLMもそうですが、スカイチームな方が一番選択肢の多い今日この頃なのではないか、と。

エリート会員資格はカード入会だけで一発GETだし、激安チャイナエアラインが使えるしね。

ただラウンジは何処にいってもパクさん、キムさん、ワンさんの賑やかトリオで溢れかえっているような気がするのはワタシだけではないですよねw?

それでも「スカイチーム エリートプラス」をカード保有だけでキープできるのは魅力でしょう。

このカードをスカイチーム加盟エアラインが多い中国や韓国で展開したらラウンジがパンクしてエライことになるでしょうから、日本にスカイチーム加盟エアラインが存在しないことのメリットを享受できている、ということになりますね。

 

 


アメリカン・エキスプレスアメリカン・エキスプレス

タグ

タグクラウド

このページの先頭へ