アエロプランへのポイント移行で最大4万ボーナスマイル

定期的に行われている各社のポイントからアエロプランへのマイル移行、交換に対しボーナスが加算される期間がスタートしています。

aeloplan_thumb.jpg

今回のはいつものMAX10万マイルに対して2.5万マイルボーナスに加えて15万マイルの移行で4万マイルボーナスという選択肢が加わっています。

移行ボーナス期間
7月27日から8月24日まで

この投稿の続きを読む »

タグ

エアロプラン、コンバージョンボーナスでスターポイント等の移行が強力に

エアカナダ(AC)、アエロプランが各種ポイントを自社マイルへとコンバートする際に、そのボリュームに比例したボーナスマイルが獲得できるキャンペーン中。必見ネタです。

アエロプランコンバージョン

今現在実施中のSPG・スターポイント購入25%オフのキャンペーンを利用し、獲得したスターポイントをアエロプランのマイルへと移行、アジア域内ビジネスクラス特典ウマーを狙っている方には更にコストパフォーマンスが良くなりお得であります。

◆バイスターポイント&ギブスターポイント移行シミュレーション

この投稿の続きを読む »

タグ

アエロプランのコンバートボーナスでSPGからの移行が更に強力に

先日記事にした、SPG、スターポイント購入25%オフ。正しいスターポイントの使い方は?でオススメした、スターポイントをエアロプランに移行する計画が更にパワーアップするキャンペーンがアエロプランで実施されています。

20000ポイントが自動的に29000マイルとなるオイシイ期間でもあり、40000ポイントが6万マイルに化けてしまうオイシイ期間をお見逃しなく!

aeloplanbonus_thumb.jpg

キャンペーン期間

2013年11月11日から12月9日まで

◆スターポイントディスカウント期間とキャンペーンの併用がオイシイ

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年11月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタアラ マイル

アエロプラン、提携プログラムから自社マイルへの移行に最大4万マイルボーナス

エアカナダのマイレージプログラム、アエロプランでは提携先からの移行に応じてボーナスマイルを付与するキャンペーンを実施中。

 

期間
2012年5月21日から6月18日まで


 

ボーナスマイルは↑な感じ。まぁまぁですよね。

 

◆SPGからの移行ならば1.5倍も可能

ワタシは取りあえずスターウッドのポイントが増殖していたので10万ポイントをエアカナダに移行しました。

普段からSPGの2万ポイント移行に対しスターウッド側から5000マイルのボーナスが付くので、エアカナダに移るマイルには2.5万マイル×5となり12.5万マイル。

で、今回のエアカナダ側のキャンペーンでエアカナダが100000マイルに対してくれるボーナスが25000マイル。

ということで10万ポイントが1.5倍の15万マイルになるという予定です。
うーん、結構素敵なのでは?

 

◆エアロプランを利用する人しない人

ANAのDIAが達成できるのにPLT止まりにしてまで残りはエアロプランに加算する、という行動の意味が解る人にはオイシイ話かと。

 

ま、燃油サーチャージは取られるようになってしまいましたが、エアロプランは本当に有り難いプログラムであります。あんまりコレ書くと怒られちゃうのでこのへんにしときますw

詳細はアエロプランのWEB、promotion detailsのページから

 

ワタシも3年前まではダイヤから落ちるのが何となく嫌で全部ANA加算だったんですが…。名より実を考えて方針転換、以後DIAの有り難みなんてどうでもよくなりましたw

ANAも終身マイルを計算してるんですから、ソロソロ終身資格制度発表してくれてもいいのにね。

とりあえず、終身マイルが100万になれば一生スタアラゴールドっていうのでどうでしょう?

それじゃSFCの退会者が増えて儲からないか(笑)

 

タグ

2012年5月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタアラ マイル

アエロプラン、特典航空券の燃油サーチャージを徴収開始。

お世話になっている方には残念なお知らせです。

エアカナダのアエロプランでは、特典航空券の発券に際し、多くの航空会社で燃油サーチャージが有料化されます。

・ANA全日空
・ルフトハンザ(既に有料化済み)
・タイ国際航空
・オーストリア航空
・ポーランド航空
・BMI航空
・アシアナ航空

等のエアラインは2011年11月30日の発券から燃油サーチャージが徴収開始されますので、予定のある方はそれまでに発券してしまいましょう。

とはいえ、発券済みのチケットでも11月30日以降に予約変更をすると、これまた燃油サーチャージが発生することに。

シンガポール航空や中国国際航空は今の所、12月からのサーチャージ徴収は予定されていないようです。

どういう基準でこんなバラバラなルールになるのかは不明ですが、アジア内で使う方が多いと思いますので、ANA、アシアナ、タイ航空に燃油サーチャージが発生するのはイタイところですね。

詳細はaeroplanのWEB、Newsのページから

【PR】 期間限定バーゲンプライス
燃油費等全て込み。「エコ割クリスマススペシャル」

【関連記事】
ユナイテッド・コンチネンタル、成田/米国・香港でダブルマイル
ANA、エコ割、ビジ割を値下げ。中国、アジア方面行き
ユナイテッド、コンチネンタル、FFPをマイレージプラスに統一
ユナイテッド&コンチネンタル航空、成田/香港、沖縄/グアム開設へ

Check  このエントリーをはてなブックマークに追加  Yahoo!ブックマークに登録

=======================================
◇ エアトラ! トップページはこちらから
◆ 使って便利! エアトラパワーツール
◇ 質問や経験談、ご意見は新エアトラ掲示板
=======================================

タグ

2011年11月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタアラ

タグクラウド

このページの先頭へ