JTBの海外航空券、欧米へ7月出発でもれなく5000Pプレゼント

JTBでは海外航空券の7月出発分に対して、欧州、北米、カナダ、ハワイ方面を利用する方にもれなくJTBクルーポイント5000P分をプレゼントするキャンペーンを実施中。

jtbgogo

なお、キャンペーンはエントリー制となっています。
ご利用される方はお忘れ無く。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年5月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他 旅行情報

エミレーツ、日本発のフライト全路線でダブルマイルキャンペーン

エミレーツ航空(EK)は日本発ドバイ行き、日本発ドバイ経由のフライト全路線においてダブルマイルキャンペーンを行うと発表しました。

ekdouble

2013年6月4日からは羽田/ドバイ線も加わり、東京からデイリーで2便+関西からとなるエミレーツの路線充実をアピールするこのキャンペーン、セコいこと言わずに日本発全路線全便全クラスでダブルマイルという潔さが良いですね。

ダブルマイル期間

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年5月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他 マイル

ハワイアン航空、仙台/ホノルル線の予約販売スタート。週3便6月就航

ハワイアン航空(HA)は6月26日から仙台⇔ホノルル線に就航します。

最近、日本線に着々と路線を増やすハワイアン航空、羽田、関空、福岡、新千歳に続いて日本国内5番目の定期就航便となります。

sdjhnl

ハワイアン航空がこの3年間で新規就航した10都市のうち、5都市が日本に集中しているワケですから、HAの日本重視がハッキリとしてきました。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年4月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

スターフライヤー、45分遅れで次回の航空券無料キャンペーン

新興系エアライン、スターフライヤーは「45分遅れたら次回無料~定時性確保~キャンペーン」を開始すると発表しています。

キャンペーン内容
国内線の出発時刻から45分以上遅延した場合、次回無料で搭乗できる航空券をプレゼント。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年3月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

ソラシド、全路線でダブルマイルキャンペーン。くまモンGOも就航。

ソラシドエアは搭乗者数1000万人達成を記念し、ダブルマイルキャンペーンを実施中です。

ダブルマイルを受け取るには参加登録が必要となります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年3月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

エミレーツ航空、羽田/ドバイ線に6月から新規就航。

エミレーツ航空(EK)は羽田⇔ドバイ線を新規に開設、就航すると発表しています。

運航スケジュール
EK313 HND(01:30)→DXB(07:05)
EK312 DXB(09:35)→HND(翌日00:01)

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年2月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

ソラシドエア、国際線就航。増便に運休、ANAとコードシェアも。機材は738一本化

新興系のソラシドエアにいろいろとニュースがでていますのでまとめておきます。

 

◆ANAの戦略的撤退、ソラシドとコードシェア

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年1月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

ソラシドエア、来年から神戸/沖縄那覇線を就航へ。九州離発着のみから脱皮

ソラシドエアは来年より、神戸⇔那覇線に就航すると発表。

ソラシドエアといえば九州、宮崎を拠点とし、宮崎から東京と沖縄へ飛ぶ路線を主軸とする地域密着型の新興エアラインという位置づけでした。
 

 

◆神戸/那覇線、3社10往復20便がデイリー運行へ

今回、神戸に就航するのが九州以外を結ぶ初めての路線となり、今後もこういったニッチ路線に就航していくのか、下記の状況下で勝算アリと踏んでいるのかは不明ですが、九州一本ではこれ以上発展できないとの判断でしょう。

なお、現在の神戸⇔那覇沖縄線は、

・スカイマークが4往復8便デイリー
・ANA(全日空)が3往復6便デイリー

で、運行しており、その中を2013年6月1日から、

・ソラシドエアが3往復6便デイリー

で突撃していく形となり、ANAはさておき、スカイマークとソラシドエアは運賃競争をするのか、談合話し合いで価格を揃えていくのかが注目されます。

機材はソラシドエアの場合、保有すべてB737シリーズですから、174席スカイインテリア仕様のB738か、150席仕様のB734が投入されることに。

 

◆LCCに押され気味な新興系エアライン、孤軍奮闘スカイマーク

LCC全盛の中、エアアジアジャパンのように不調で経営者交代するような会社も現れてきたことですし、中間に位置するスカイマークやソラシド(ANAが出資)、スターフライヤー(ANAが筆頭株主)やエアドゥ(ANA出資)には頑張ってほしいところ。

気づけばスカイマーク以外、ANA傘下だったりするんだけど。
でも、今回の羽田発着枠増加で、スターフライヤーが5枠割り当てられてスグの増資、筆頭株主化はちょっとどうかと思うねぇ。
ちなみに他はANA自身が8、JALは3、スカイマーク4、ソラシド3、エアドゥ2 の割り当てとなっております。

ワタシ個人の計算だと羽田1枠で25億程度の価値があり、今回5枠とったスターフライヤーを24億の出資で筆頭株主に躍り出たANA的にはしてやったり、売ったDCM(投資ファンド)からしてもウマー、JAL的にはキィィィー!となっちゃうよねw
周波数帯を取ったイーアクセスを即買収したソフトバンクと同じやり方とも言えるし。

ソラシドエアに対してもANAは熊本⇔沖縄、宮崎⇔沖縄を撤退することで経営を助けた経緯があることから、今回も神戸⇔沖縄は撤退しソラシドに任せることで大人の話し合いが済んでいるのかもしれません。

詳細はソラシドエアのWEB、プレスリリースから

 

エアトラベラーズ 海外一人旅のススメ

期間限定キャンペーンや注目情報はこちらから
◆ 目的のページにダイレクト、エアトラパワーツール
海外一人旅に出よう! 海外一人旅持ち物リスト
◆ ご意見、ご質問、文句等々はエアトラチャットにて


エアトラ内特集記事

年会費無料、旅行保険自動付帯のJCB EIT(エイト)カードの評判ヨシ。

 

コスト重視トラベラー向け、保険自動付帯クレカ。JCB EITカード

タグ

2012年12月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:LCC関連 その他

カタール航空、1日限りの全路線全クラスセール。最大40%オフ。

ワンワールドに加盟することが決まったカタール航空(QR)では、明日18日(カタール独立記念日)1日限りでエコノミー、ビジネス、ファーストの全クラスを運航全路線で最大40%オフで販売すると予告しています。

販売期間
12月18日、1日限り

対象路線
カタール航空が運航する全路線、全便のFCYクラス

対象旅行期間
2012年12月25日から2013年3月31日まで

・カタール航空で往復購入する場合に限る。
・完全前払い返金なし、変更は有料で可能。

期間中の旅行予約をしようと思っている方、一度チェックされたし。
詳細はカタール航空のWEB、QATAR NATIONAL DAY OFFERから

 

エアトラベラーズ 海外一人旅のススメ

期間限定キャンペーンや注目情報はこちらから
◆ 目的のページにダイレクト、エアトラパワーツール
海外一人旅に出よう! 海外一人旅持ち物リスト
◆ ご意見、ご質問、文句等々はエアトラチャットにて

タグ

ヴァージン、スカイチーム入り?デルタが株式の49%を取得することで合意

デルタ航空(DL)はヴァージンアトランティック航空(VS)の株式の49%を取得すると発表。

◆大西洋線でのジョイントベンチャーを開始予定

現在シンガポール航空(SQ)が持つVSの株をデルタが3億6000万米ドルで取得することにより、DLとVSは大西洋線でのJVを計画しています。残りの株式は引き続きヴァージンとリチャード・ブランソン氏が引き続き保有、独立性は保つ方向のようです。

DLとVSは米国運輸省に独占禁止法適用除外(ATI)を申請する予定で、共同事業の開始も2013年末までにメドをつけるとのこと。

これにより、英国/北米間で両者が運行している便を統合し、コストと売上を共有、マイレージプログラムの相互利用や空港ラウンジの共有等で営業の効率化を実現できるとしています。

 

◆ヴァージンはスカイチームに入るのか?

さてさて、ここで当然話に上がってくるのが、VSはスカイチームに加入するのか、ということ。現在はANAと
決めるのはブランソン氏の一存、数か月以内に判断するとしていますが、スカイチームからすれば一社でもまともなパートナーが増えるならば拒む理由もありません。

SQもVSの株式49%を取得したのは2000年3月、その後どーにもこーにも経営戦略がうまく立ちいかず、シナジー効果も発揮できない状態が続いていますから、ここらで一区切りつけたいところ。

同じスカイチーム内ではエールフランス(AF)とKLMオランダ航空(KL)が大西洋路線でJVを展開中なので、このJVと協力しもってスカイチーム全体としての大西洋線の効率化は必須課題かと。

ヴァージン自体、経営が苦しーい欧州発着便しか「ほぼ」持たないアラインなので、これからはブランソンのおっちゃんをもってしても唯我独尊というワケにはいかなくなってきているようですね。

 

◆多角化経営を進める各企業グループ

そういや、最近、VSは英国政府からNorthern Rockを買い取り、Virgin moneyと名前を替え、銀行業に参入しました。
元来いろんな業種を手掛けているグループですが、経営多角化の流れを強めており、不景気の中で新しい何かを生み出し、育てておけば思わぬ孝行息子が誕生するかもしれません。

我らがSONY、SONY生命とSONY損保、MONEYKIT、M3が育っていなければ、とっくに首くくる準備段階に来ていたハズで、本業のスカポンタンを金融なりサービスが救うという、メーカーでは無いような現況です。

多角化を進めずに液晶とプラズマクラスターにすべてを託し突進するという企業もありますが。。

さて、脱線入りまーす
プラズマクラスター等イオン製品と、保険ネタで脱線する予定だったのですが、あまりにも長くなったため、別記事でアップ、保険ネタだけ脱線しときます。

 

◆保険いろいろ。一番損するのは無知であること、約款を読まないこと。

ちなみにSONY生命は「まとも」ですよ。
おちぶれた電機メーカーSONYとは違い、今でもクオリティの高いサービスと保険を提供しています。 
営業スタッフのスキルはアベレージで高く、保険を利用した相続に関するスキームなどを提案してくれるプランナーの方も多数いらっしゃいます。
もちろん当たり外れはありますけど、総じて保険のプロと言えるのでは。
元々、ソニー生命はプルデンシャルと組んでスタートしたのですが、今は単独で独自の生保事業を展開中。

 
生命保険入るなら、プルデンシャルかSONY生命、有名好きならNISSAYでよろしいかと。
まずはどなた様もプルデンシャルとSONY生命にコンタクトを取り、コンサルティングを受け、自分に合った保険を提示してもらってください。
その後、ほかの商品も探し、日本の大手生保の押し売り型保険とそれを販売するスタッフのスキルの低さを確認してから、自分で最終的な決断をしましょう。

何の知識もない保険のオバちゃんが、意味すら理解できていない商品を売って回っている日本の大手生保で、自分にあったオーダーメイドの保険が作れるとは到底思えませんけれども。

こないだもNISSAYのバリバリ都心部の中央的支店にて、米ドル建ての個人年金を物色していたのですが、支払いは円からドル両替して払う方式か、ドルで直接払うかの商品でした。で、担当してくれたスタッフがアレ中のアレでして、香港かシンガポールにドルがあるから、そこからドルを日本に送金すればOKだと思うんだけど、そちらの保険金受け取り口座はマルチカレンシーに対応しているのか?と聞いただけなのに、即フリーズ。
上席を呼び、上席も出てきたはいいが、すぐ奥に引っ込み、うちのネコでも知ってそうな簡単な質問というより確認事項に答えるのに3分以上かかる始末。
FP1級であろうが、どれだけ役職が上であろうが、売ってる商品の支払いについても説明できない人から、生涯保証や長い付き合いになる金融商品を購入しようという気にはさすがになれませんでした。お付き合いで一本契約してあげるつもりだったんだけどね。

ただし、NISSAYだけはは強烈な含み資産と、日本国内の一等地を腐るほどもっていますから、ほぼズッコケることはないでしょう。NISSAYこけたら日本終わってるから。

 

◆詐欺性の高いCM商品はまず疑って

以前にもかきましたが、これで安心系、一生保証が変わらない、病気があっても安心等、絶対に保険会社が損しない仕組み(つまり入らなくていい)の保険は避けて、せめて保険なんだから相互扶助の形で健康だった人と病気した人のプラスマイナスで支えあっていく仕組みのものを選ぶべきです。

昨今上場した一部の大手生保を除き、保険会社とは相互会社であることを、そもそもにおいて知らない方もいらっしゃるようですので、保険契約の際はそれぐらいは自分のために勉強されても損はしないと思います。

 
新興系ではライフネット生命は上場してからTVでCMを流したりしていますが、それなりに見どころあるかな、とチェックはしていたんですが、保険に一番大事な「告知事項」に関する全体的な扱いが無茶苦茶です。
とりあえず、来るものは拒まず、請求あったら告知違反探し出して、支払いはできません、という事態が起こってくるのは時間の問題でしょう。

加入する側も引き受ける側も徹底的に告知事項について確認している保険でなければ、信頼関係もないし、後々嫌な思いを持つ契約者がたくさん現れることになります。

告知事項で引っかかるので保険に入れないから、甘そうな保険を狙って加入してみて後はなんとかなるだろう、これ間違いですから。

告知でいうと「かんぽ生命」は3年間クリーンな状態が続けば、問題なく保険を引き受けてくれます。後は5年のところが多いですから、覚えておいて損はないでしょう。

そもそも告知に疑問や心配を抱きながら保険に入る必要なんてないんです。
だって、医療保険ならどーせ通算MAX1096日ぐらいまでの支払いが限度です。
1日1万円なら1096万+手術代程度の貯金があれば、なんら問題ありません。
1日2万円用意するならその倍あればいいだけ。
よーするに貯蓄型にならないタイプの医療保険なんてキャッシュで3000万程別途プールしておけば、入る意味すら無いともいえます。 

何よりも保険に入って、告知違反で保険が払われない場合は丸損ですからね。

皆様もお気を付けくださーい。

 

エアトラベラーズ 海外一人旅のススメ

期間限定キャンペーンや注目情報はこちらから
◆ 目的のページにダイレクト、エアトラパワーツール
海外一人旅に出よう! 海外一人旅持ち物リスト
◆ ご意見、ご質問、文句等々はエアトラチャットにて

タグ

2012年12月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:SKY その他

米航空当局、燃料漏れ問題でB787の総点検を指示。カタール航空のB787って

米連邦航空局(FAA)はボーイング社に対し、同社の最新鋭ジェット機であるB787、ドリームライナー全機の燃料配管の接続部に問題がないか点検するように指示を出しています。

ボーイングは具体的な社名こそ明らかにしていないものの、現在のところB787型機で2件の燃料漏れ報告があったとしています。
ANA、全日空はB787型機の燃料漏れを発見、報告したと自ら発表していますので、うち一社はANAであることがはっきりしています。

 

◆今のところ日系2社共にトラブルには発展せず

なお、ANAによると現在保有している16機のB787全機の点検を完了、特に問題はなく運航スケジュール等にも影響は出ていません。

JALも保有する6機を点検、問題がなかったとしています。

現在就航中のB787ドリームライナーは世界で33機、そのうちの23機が日系エアラインで運用されており、もし問題が大きくなれば影響をうけるのは必至。

このまま大問題にならず収まってくれるとよいのですが。

ところがどっこい一昨日のヒューストン発、ニューアーク行きのユナイテッド航空・1146便、B787型機が「原因不明の技術的問題」とやらでニューオリンズに緊急着陸していたり。

 

◆遅ればせながらB787に乗ってみた

ワタシは以前からB787は嫌な予感がするので、しばらくは乗らないと書いてきましたが、先日の家族旅行で始めて利用する機会がありました。

全旅程をビジネスクラス以上で完結させることをせず、1区間はエコノミーにのらないといけないという、ワケのワカラン家族の節約ルールが提案され、それならば一番距離が短いドバイドーハで、ということになり、カタール航空を選択。その機材がたまたまB787だった(乗るように指令を受けたともいう)ワケです。

ドバイドーハ間のカタール航空B787は、納入されてから3日目の機材でピカピカ。B787どうこうよりもカタール航空の内装やシートの良さだけが目立った印象でした。最新機材に旧型シートを導入して飛ばすJALとは意気込みが全く違うんでしょうねぇ。

で、どうしても乗らなければならなかったエコノミークラス…。
ビクビクしながら、約40分間の大冒険だったのですが、機内ガラガラで拍子抜けの快適さでしたw
全く個人的な事ですが、来年も1時間以内に到着する路線を旅程に組み込んで、そこをエコノミーで切り抜ける工夫をせねば、5時間エコノミーとかの地獄を味わうことになります…。
エコノミーを忘れないために、旅程中一本はエコノミーの利用を組み込む家族ルールとやらが撤廃されることを切に願いますw
だってCの切符をダウングレードしてYに乗ってるんだよ?解ってないだろうなぁ…。

 

◆日系をよせつけない中東エアラインのサービス全般

いや、それにしてもエミレーツにカタール等中東エアラインのビジネスクラスは楽チンで、サービスの質も、食材の品質も、アメニティの質や種類、豊富さ、シートの快適さなど、全てが全く日系エアラインをよせつけないレベルに到達しています。
エミレーツだけかと思っていたけど、カタール航空まであれほどのレベルになっているとは。
スカイトラックスのエアラインオブザイヤーは伊達ではないな、と感じたカタール航空のロングホールフライトでした。

来年ワンワールド加盟ですから、欧州に行かれる方にはかなり快適な選択肢になるのではないでしょうか。

 

エアトラベラーズ 海外一人旅のススメ

期間限定キャンペーンや注目情報はこちらから
◆ 目的のページにダイレクト、エアトラパワーツール
海外一人旅に出よう! 海外一人旅持ち物リスト
◆ ご意見、ご質問、文句等々はエアトラチャットにて

タグ

2012年12月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:B787関連 その他

ハワイアン航空、札幌/ホノルル線就航。タイ航空は札幌/バンコクを通年運航化

◆約10年ぶりの復活となる札幌⇔ホノルル直行便

ハワイアン航空は新千歳⇔ホノルル間の定期便を運航開始しました。

運航スケジュールは、
HA442 札幌新千歳 21:30 → 09:55 ホノルル (水・金・日)
HA441 ホノルル14:45 → 09:00 札幌新千歳(火・木・土)

となっており、当初の運用機材は残念なタイプのシート(JALの地獄ジェット系)を搭載するB767。
体にとてもキツイビジネスクラス18席とエコノミー246席のタイプですね。

利用者からすればまともな早期に羽田線や間空線に就航しているA330型(まともなCクラスを搭載)に置き換えてほしいところですが、2003年にJALが直行便を運休して以来、繁忙期のチャーター便しかなかった新千歳⇔ホノルル間に直行定期便が復活するのは久し振りですから、まずはよかったなと。
何よりも素敵なのは運航ダイヤで、ハワイでの休日を最大限有効に活用できるタイムスケジュールとなっています。

詳細はハワイアン航空のWEBサイトから

 

北海道以外に在住の方も札幌国際やキロロ等、空港から近いスキー場でスノボやスキーを楽しんでから、常夏の楽園に向かうという、パウダースノーとビーチリゾートをダブルで楽しむ休日も可能になりますしね。

ただ、先に雪遊びを頑張りすぎると、ワタシのようにジジイ系の人間の場合ハワイに着いたものの膝が笑ってまともにウロチョロできない、というケースもありますのでハワイでアクティブに動く方は若干の注意が必要ですw

 

◆タイ航空は新千歳/ホノルルを通年運航 タイ資本のスキー場買収も

タイ国際航空(TG)はとりあえず冬期スケジュールのみの予定で10月31日から就航した札幌⇔バンコク間を夏スケジュールでも運航することを決定。
これで札幌⇔バンコク間の直行便も通年運航化となります。

運航スケジュールは
TG671 新千歳 10:45 → 15:45 バンコク(水・金・土)
TG670 バンコク23:45 → 08:30 新千歳 (火・木・土)

となり、運用機材はA330。残念ではないタイプのシートを搭載します。
ライフラットとクレイドルの中間ぐらいとでもいいましょうか。
ビジネスクラス36席、エコノミー263席となります。
タイ航空のビジネスクラスって? 日本線を飛ぶA330、B773ER、B773、B772を比較。

こちらは、タイ人のお金持ちから北海道が非常に人気の旅行先となっていることに対応する意味合いのほうが強いようで、ビジネスクラスのキャビンも日本人よりもタイ人のほうが目立つことになるのではないかな?

 

◆海外観光客(特に東南アジア)から大人気の旅行先、北海道・札幌

ちなみにハワイアン航空直行便の項で書いた、キロロスキーリゾートですがタイの不動産会社プロパティパーフェクトが出資する日本のシェアグループを通して三井不動産から丸ごと買収、運営をすることが決定しています。

立地もいいし、雪質もよいのに、ヤマハ→三井不動産→タイ不動産屋とどんどん所有者が変わるキロロリゾート。
全てはバブル期の計画においてコスト高で作ったことに起因するわけですが、これだけ北海道への旅行が東南アジアでブームになっている今、スキーリゾートを丸ごと安く手に入れることができる東南アジア系のデベロッパーはイイ買い物をしていると思います。

この買収には付帯ホテル2軒も含まれており、中々小綺麗で便利で使い易く、バブル期独特のイタ目な雰囲気を持つホテルピアノもタイ資本の経営に。
とはいっても、トマムのガレリアタワースイート(今年からリゾナーレトマムに改名)、1フロア4室でほぼ100平米以上、全室サウナ・ジャグジー付きなバブル全開のイタさと比べて見て下さい。

まだカワイイもんでしょw?
当時のアルファトマムはこのタワーを10本程度作る計画だったんだからバブルって恐ろしいw
そもそもトマムの雪質であのリゾート計画は無いわ、と。

 

そんなこんなのバブルの傷跡残る北海道スノーリゾートですが、中国デベロッパーに売るぐらいなら、親日国のデベに売却するほうが日本人の為にもなりますし、雇用は維持されるし、日本のスキーリゾートなのに香港ディズニーランドの雰囲気漂う感じも防ぐことができるし悪くないのでは…。

生まれてから雪を見たことがなかった人達が、大人になって初めて雪を見たときのうれしそうな様子を見たことがありますか?
あれだけ幸せそうに喜ばれたら、こっちも微笑みを隠さずにはいられませんw


タグ

2012年11月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スタアラ その他

エミレーツ、就航10周年記念運賃。欧州行き各路線を総額10万円前後に設定

ついでに中東ネタもういっちょ。

エミレーツ航空(EK)は就航10周年記念のキャンペーン運賃を発売中です。

欧州各都市行きが燃油サーチャージ、税金全て込みで97160円からと中々の割安な設定。

販売期間
2012年11月30日まで

旅行開始期間
12年10月21日から12月16日まで

チケット有効期間
最低3日から1ヶ月まで

利用条件
エミレーツ航空運航便に限る(コードシェア対象外)

 

価格面でhそこまで目を身張るものはありませんが、ドバイでのストップオーバーは往路、復路共それぞれ無料ですから、乗り継ぎで1泊してブルジュ・ハリファを登ってくるのもアリですね。
トム・クルーズのようにあそこでダイビングはナシです。

詳細はエミレーツのWEB、特別運賃のページから

 

◆絶対に完成しない街、それがドバイ

ブルジュ・ハリファですが、当初はブルジュ・ドバイという名前になる予定でした。
金融危機でドバイが青息吐息になり建設資金が足りず、アブダビの首長ハーリファさんにお金を出してもらい何とか完成させたため、ドバイは国の名前を捨て名称変更をせざるを得なくなっってしまったという、ビルというより「塔」と呼ぶのにピッタリな、世界一のバブル痛々しい建築物です。
168階建て、全高828mねw

そして、その塔の一番上にある展望台に上ると、世界一痛々しいバブル崩壊の傷跡を一望できるハズ(ワタシもまだ行ってない)なので、楽しみ学びましょう。
いずれにしても、ドバイの都市計画やビル建設が完了することは、未来永劫ありませんです、ハイ。

あ、ブルジュ・ハリファですが、訪問予定日の1ヶ月前から購入可能なので、オンラインで予約しておく方が無難ですし、料金も安くなります。お出かけ前に予約していきましょう。

しかし、この援助でアブダビに対する見返りって何なんだろうねぇ?
ただ単にヤンチャな末っ子の尻ぬぐいなのか、返り血を浴びそうだったのか…。


タグ

2012年10月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他 旅行情報

カタール航空、ワンワールドに加盟を正式決定。2013年末ごろから正式加盟の予定

絶対スタアラだろうと信じて疑わなかったカタール航空ですが、噂が出ていたとおりワンワールドへ加盟するようです。→It's official: Qatar Airways joins oneworld frequent-flier alliance

火のないところに煙は立たないってことでしょうか?

それにしても何でなのかちんぷんかんぷん。さっぱり意味不明です。

◆ワンワールド特典が利用可能に。ANAとの提携は終了の方向

発表は10月8日、加盟時期は1年から1年半後になると思われます。
うまくいって2013年末ですね。

その後はANAマイルではなく、JALマイル、アメリカン航空マイル(これはワンワールドに残留するか不明)を使ったワンワールド特典が利用出来るようになります。
弱体化するワンワールドの中に入れば暴れん坊として活躍できると踏んだかな?

もしっくはQR、ひょっとして、本気でBAを買収する腹案もあったりして…?

したがって、現在提携しているANAマイル利用の特典航空券も提携解消により、使えなくなることでしょう。現在ANAマイルでQR便をアワードで使おうと思ってらっしゃる方は予約をお早めに。

さて、エミレーツ(EK)にエティハド(EY)はどうでるでしょうか。

いずれにせよ、エミレーツ(EK)、カタール航空(QR)搭乗時はJALにマイル加算ということになりそうです。

 


エアトラ内特集記事

年会費無料、旅行保険自動付帯のJCB EIT(エイト)カードの評判ヨシ。

 

コスト重視トラベラー向け、保険自動付帯クレカ。JCB EITカード

タグ

2012年10月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他 マイル

カタール航空、ワンワールド加入の噂を否定。B787は納入遅れでA330 にリプレイスの可能性も。

ワンワールド加盟か!?、という情報が流れたカタール航空ですが、タダの噂だった、とカタール航空幹部が否定しています。
Qatar Airways has no plans to join oneworld alliance

そりゃ、フツーの流れならスタアラですもんねぇ。

今ワンワールドに加入するエアラインが突如現れるなんて、USエアウェイズによる買収が実現し、アメリカンがスタアラ化するのを阻止したいがためのデマにしか聞こえませんものw ブリティッシュ航空(BA)が焦ってるとか…w?

 

◆B787が届きませーん

A380と同じように納期がドンドン遅れていくB787。
エアバスもボーイングも最初からある程度の遅れは解ってたんじゃないのかしら?
飛ぶ飛ぶ詐欺みたいなモンだ、とカタール航空は怒ってるとか怒ってないとか。

30機のオーダーがあり、今年中に5機は受領する予定だったんですね。
で、待てど暮らせどやってこないB787に痺れを切らし、代替案としてスグに届くA330を念頭にエアバスと協議を始めた模様。
Qatar Airways discusses A330 deal in wake of 787 delay

 

石油資源豊富な国なんだから、届くまでノンビリまってりゃいいのにね?

近距離国際線をFY運航で飛ばすのに使っている、A320シリーズを退かせてFCY運航できる機材に変更、座席も増やして収益を向上させる計画だったのかな?
エミレーツや他社がFCY運航かCY運航でドーハに乗り入れているので、機材的にはボロ負けだし。

ちなみに中東のエアラインって域内の近距離のFC運賃はとっても割高で、Yの日本発欧州行き運賃と変わらないお値段な場合すらあります。ビジネス需要で儲けてるんでしょうな。
こういった場合、同行者が倹約家だったりする人はエコノミーしか乗れない恐れがあり、エジプトやインドの方面からの運び屋さん団体などに遭遇した場合、鼻が敏感な人なら四面楚歌的に囲まれる恐れがありますのでくれぐれもご用心下さい。

エアトラカタール支局員、引き続き調査頼みます。持ち込む日本米がお駄賃だw



iPhone5のオリジナルケースが100種類以上 [=KJ4=] 楽天ストア

タグ

2012年10月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

タグクラウド

このページの先頭へ