デルタアメックスでスカイチームエリートプラスとスタアラゴールドの二冠トライ

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

先日まで意味不明なぶっとい入会キャンペーンを行っていたスカイチームのジャイアンこと、デルタ航空と提携したアメックスカードのまとめついでにオマケネタであります。
image_thumb.png
キャンペーンが強烈だったせいか、何件か質問メールが送られてきましたので、ご質問への回答も兼ねつつ、今一度このカードのメリットを整理してみます。

おまけとして、このカードに入会することで得る「スカイチームエリープラスの資格を元にスタアラゴールドも同時に獲得しちゃおうプラン」を記してみました。 既にデルタアメックスゴールド会員の方も使えるネタですので、興味がある方はどうぞ。

デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

記事をまとめつつ改めて感じたことは、日本に加盟エアラインを持たないスカイチームだからこそ付与できる特典の充実、その内容からすれば納得の年会費(26000円+消費税)とも言えるかな、ということ。

カードにはデルタ航空から提供される特典と、アメリカンエクスプレスから提供される特典が用意されており、デルタ提供の特典を重点的にまとめてみました。

 

◆スカイチームエリートプラス=デルタゴールドメダリオン資格の自動付帯

デルタアメックスゴールドはカード入会でデルタ航空のゴールドメダリオン会員資格=スカイチームエリートプラスが自動付帯となります。

フツーの利用実績でエリートレベルを獲得を満たすための「1年間で必要な条件」は以下の表の通り。これを毎年クリアする必要があるので、我々のような旅行バカや出張族以外には少々高いハードルだと感じる方もいらっしゃるのではないか、と。

メダリオン資格の獲得ハードルと特典 シルバーメダリオン ゴールドメダリオン プラチナメダリオン ダイヤモンドメダリオン
メダリオン獲得に必要な飛行マイル(MQM) 25,000 50,000 75,000 125,000
フライト数(MQS) 30区間 60区間 100区間 140区間
上級会員ボーナスマイル(メダリオンボーナス) 25% 100% 100% 125%
スカイチーム内での待遇(デルタ航空以外利用時) エリート エリートプラス エリートプラス エリートプラス
シルバーだと、ほぼオマケ扱い。ゴールド以上でお客様に変身
空港ラウンジ さようなら OK OK OK

 

現在のところ、スカイチームにおいて、ANA(スターアライアンス)のSFC、JAL(ワンワールド)のJGCのようにカード年会費でエリート扱いを維持するには、このデルタアメックスゴールドカードを保有する以外の方法はワタシが知る限りありません。(ステータスマッチを活用できる方除く)

そんなデルタアメックスの年会費、27300円。 JGCやSFC維持に必要な最低年会費(1万程度)よりは割高になりますが、JAL、ANAのように「最低でも1回、1年間に5万マイル相当の飛行実績をクリア」する必要もないので、初期投資なるモノも不要、すなはち修行なるモノも不要ですw

そして現在、入会ボーナスマイル倍増キャンペーンが復活中、1.8万マイル獲得可能に。
 

つまり、エリートレベルの獲得ハードルは低い、というかほぼゼロ。
カード審査のパスを寝て待つだけ。 今時、アメックスの審査に落ちる人などそうそういるもんで無し。
入会するだけで、何の苦労もなく、誰でも即エリートというのが最大のウリです。

 

・スカイチーム加盟エアラインのラウンジが使える

よくクレカに付帯しているショボショボのカード提携ラウンジではなく、国内海外にあるエアライン各社が運営する国際線用のラウンジを利用することができます。

その数世界で530カ所以上。 同じ出国済みの制限エリアに設けられた国際線ラウンジでも、成田のエールフランスラウンジと関空のカード提携ラウンジでは同じ「ラウンジ」と名乗ることが許されないレベルの差があったり。 PRADAとPANDAぐらい違いますからねw  image.png

ヒースローのスカイチームラウンジ↑も中々素敵であります。

・ラウンジ利用特典はツアー利用時でも可能

格安ツアー参加でも、スカイチーム加盟エアライン利用ならラウンジ利用が可能。 さらに全てのラウンジで同伴者1名を無料で同伴できるので、ご夫婦ならどちらかが入会すれば十分でしょう。 スカイチームエリートプラス

・優先搭乗サービス

image_thumb.pngエリートレベルの資格を持たない客よりも早く機内に乗り込むことができるので、エコノミークラスの利用がメインな方にはお役立ち。

ぼーっと順番がくるまで待つ必要もなく、持ち込みの荷物を収納する棚が先客に埋められていた、などということもなくなりますね。これもツアー利用時OK。

 

・優先チェックインサービス、優先保安検査レーンサービス

image_thumb.pngスカイチームが各国で展開しているスカイプライオリティレーンを通れるので、ロープの張られた通路を若干の囚人感覚と共に何往復もする必要が一切なくなります。

先に並んでるのに、上級クラス搭乗者やエリートホルダーが次々と隣のレーンに現れてはさっさと追い抜かされるシーンにムカつく方、エコノミークラス利用に自動付帯してくる大混雑、行列(長時間の起立も自動付帯)が苦手な方へのメリット。
ツアー利用時OK。
image_thumb.png

全ての空港ではありませんが、出国時の保安検査場にプライオリティレーン(Sky Priority)が設置された空港では、スカイチームエリートプラス会員としてチェックインから搭乗までの無駄な時間を軽減することができます。
ちなみに成田第一ターミナルにも設置されており、2タミで業務を行うチャイナと中国東方の利用時を除いて利用可能です。

 

・預け入れ手荷物の優先取り扱いサービス

image_thumb.png優先チェックインの際に預ける荷物にプライオリティタグが付き、到着空港にてさっさと受け取ることができます。

ツアー利用時でもタグは付きますが、ツアーなので全員が揃うまで集合場所で時間を無駄に過ごすプライオリティ台無しサービスと化しますw エコノミー利用がメインな個人旅行者、海外一人旅な方には必須ですね。

いつまでたっても荷物が出てこない、本当に出てくるんだろうか?と不安になった学生時代の貧乏旅行の記憶…。待ちぼうけで無駄に過ごした時間が懐かしい。

 

・上級クラスにアップグレードされる?

これに関しては何とも。
ワタシがエコノミーに乗らない&エコノミーを利用する知り合いがほぼ存在せず、3時間以上のエコノミー利用は「勇者、猛者」として称えられ爵位が与えられるエアトラメンバー標準の環境では情報が集まりません。

ビジネスからファーストへのUGならばスカイチームのみならず、スターアライアンスやワンワールドでも何度か経験がありますが、昨今のファースト搭載便減少と機材の小型化による供給座席の減少が相まって現在はほぼゼロに近い状態。1年1回に満たないレベルです。周囲からもめっきりファーストUGを耳にしなくなりました。

ただ、客観論として、エリートホルダーではない通常の客よりはUGされる確率が高いであろうことは間違いないでしょう。 そして、ビジネスからファーストへのUGよりも、エコノミーからビジネスにUGされる確率のほうが遙かに高いことも間違いありません。 エコノミー利用がメインの方や何かの罰ゲームとしてエコノミー利用を強いられた際の絶望を照らす微かな光というレベルの期待値ですね。

 

・加算マイルに100%ボーナス付与、倍の200%加算

上級会員の特典として付与されるボーナスマイル。
各々のエリートレベルに応じて率が変わりますが、デルタアメックスゴールドに付帯し、以後カード年会費で維持できるエリートレベルは「ゴールドメダリオン=スカイチームエリートプラス」となり、デフォルトで100%ボーナス。

image_thumb.png

通常加算マイルが5000マイルのフライトならば、さらに5000マイルボーナスとなり、合計1万マイルを獲得できます。 このメダリオンボーナスマイルを獲得できる航空会社は、 ・スカイチーム加盟各社※ ・アラスカ航空 ・オリンピック航空 ・GOL航空 ・ハワイアン航空 となっています。

※残念ながらスカイチーム加盟全社ではないのでご注意あれ。 中国東方、中国南方、ベトナム航空、チャイナエアは除外されボーナスマイル付与の対象エアラインとはなりません。通常獲得マイルのみの加算。 お気づきのように、航空券(特にビジネスクラス以上)が常軌を逸した安さで販売されているエアラインの利用には甘くない、ということで。

デルタ航空側から提供される主な特典は主に以上であります。

さらに細かいデルタ特典、アメックス側から提供される特典や特徴として、

・満席時、あっち行け言われない保証サービス
・国内空港ショボイカードラウンジ利用サービス
・帰国時のみの制限アリ、1個だけ無料の中途半端な手荷物宅配サービス
・海外での24時間日本語サービス
・最高1億まで(利用付帯)の海外旅行傷害保険サービス
・海外での決済利用は1.25倍のマイルを獲得
・特典航空券としてマイルを使う際に燃油サーチャージが不要なケースが多い

などがありますので、詳細はエアトラベラーズ内別記事、デルタ、スカイマイルアメリカンエキスプレスカードは上級会員(ゴールドメダリオン)の権利つきなどを。

スカイチームが誇る阿鼻叫喚のカオスや、パク、キム、ワン様達が奏でる上品で美しいメロディラインに魅了されたい方は、スカイチームあれこれ。即エリートレベル会員取得から阿鼻叫喚のカオスまで などをご覧あそばせ。

現在の入会キャンペーン内容詳細を知りたい方は、アメックス公式サイト、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのページから。

増減激しいながらも、相変わらず入会ボーナスバラマキ体質に変化ナシでありますw

◆ついでにスターアライアンスゴールドも獲得してみる

ステータスマッチの意味がわかる方なら、スカイチームエリートプラスの保有でユナイテッドのエリート資格、プレミアゴールド=スターアライアンスゴールドを獲得することも可能だったりします。 意味がわからない方でも下記の通りそのまんまでスタアラゴールド誕生ですけどw

  premiermatch@united.com宛にUAマイレージプラスの会員番号、氏名、現住所、メアド、デルタのゴールドメダリオン会員であることを証明できる画像(会員カードの写メでOK)ファイルを添付し、「ハイ! ステータスマッチプリーズ サンキュー」と英文で送信しちゃってください。

UAの機嫌がよほど悪くない限り、OKメールが返信されてきます。
断られたら運が悪かったと思ってあきらめるか、しれーっと再チャレンジしましょうw 2回目でパスした人間を知っています。

スカイチームエリートとスターアライアンスゴールド

でもって、ステイタスを確認するために、UAのサイトにログインしてみましょう。 あら不思議、UAプレミアゴールド=スターアライアンスゴールドに変身完了w

インスタントではあるものの、スカイチームエリートプラスとスタアラゴールドの二冠ホルダー誕生であります。

但し、公にされている甘い基準のステータスマッチですから、有効期限は90日間のみ。 延長したい場合は、ユナイテッド航空の運航便(スタアラコードシェア不可)に搭乗し、プレミアゴールド獲得から90日以内にエリート資格対象マイル(PQM)を12500マイル以上獲得する、もしくは同じくUA運航便で15セグメントのフライト利用実績をマイレージプラスの口座に残すことが必須となります。

上記条件をクリアした方のプレミアゴールド有効期限は2015年1月末までに自動延長され、この時点で初めてUAプレミアゴールドのプラカードが送られてくる仕組みです。

スタアラゴールド持ってない、体験してみたいって方には悪くないよね。
詳細はUAのWEB、マイレージプラスプレミア資格適合チャレンジから

エアトラベラーズ 海外一人旅のススメ

期間限定キャンペーンや注目情報はこちらから
◆ 目的のページにダイレクト、エアトラパワーツール
海外一人旅に出よう! 海外一人旅持ち物リスト
◆ ご意見、ご質問、文句等々はエアトラチャットにて

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

タグクラウド

このページの先頭へ