一番トクする外貨両替とは?

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

さて、そろそろ年末年始の旅行に向けて準備されている方も多い季節となってきました。

今年はボーナスが全体平均で4%ほどのカットらしいですが、海外旅行行くならそれぐらい軽く円高が吹っ飛ばしてくれるほどの昨今。

海外旅行時はほとんどクレカでお買い物、現金ならキャッシングという方が多いでしょう。

そこで、各種方法がある中、一番オトクな両替方法について記事にしてみます。
 

◆どうすれば一番いいレートで両替できるのか

まずは結論から書きます。
・両替対応のFX会社に口座を開く
・そこに入金する
・FX取引はしない (勝負したい人は別)
・両替だけする (ノーリスク)
・受け取りは空港で(成田か関西のみ)
・銀行での両替に比べて手数料が8割以上安くなる

という感じです。

 

詳細は後で記述しますが、
1ドルが79.80銭の時に1000ドルを両替するとしましょう。
FX会社で両替し、空港で受け取る場合に場合に必要な日本円は80500円。
三井住友やみずほ等の銀行で両替する場合に必要な日本円は83000円程度。

1万ドルへの両替ならば、必要な日本円はFX会社=805,000円と大手銀行=約830,000円となり、同じ1万ドルを受け取るのに銀行両替よりも2万円以上節約できてしまう仕組みです。

 


実例を載せてみます。
ワタシ自身が自分で今年の2月25日、成田空港で外貨を1,000ドル受け取ってみました。

ちなみにこれを記事にしようと思い、実際に口座を開設したのはなんと去年末…
ずーっとサボってたので日付が古いのはご勘弁をm(_ _)m 

当時、ワタシがFX会社で両替した時のレートは1ドル76.857円でした。
これに手数料20銭+500円の事務手数料をとられます(詳細は後述)
77.057円×1,000ドルで、77050円+手数料500円ですから、1,000ドルを手にするためにワタシが払った(両替するのに要した)日本円は77550円。

 

そして受取り当日、成田空港の京成たびるーむにて、1,000ドルパックを受け取ったわけですが、併設されているTRAVELEXでの両替レート(ほぼ銀行と同じ)は以下の通り、なんと82.80円。同じ1,000ドルを用意するのに、82800円が必要になります。

ただし、両替を済ましたのは受取日より2週間程度前で、それから受取日までに1円程度円安方向に進んだのでラッキーな面もありました。

両替を済ませた当日とのレートで比較して、81.80円=81800円程度で比べるのがフェアな値となります。

ただ、それで比較しても、
1,000ドル=77500円

1,000ドル=81800円

では大きな違いですね。

両替額が多くなればこの差はもっと開いていくことになります。

 

 

しかも、他の方が両替にながーい行列を作り、(劣悪なレートでの両替を)待ってらっしゃる両替ブースに並ぶ必要なし。
その横にある別カウンターにてスタッフに確認番号を伝え、身分証明書を見せてサインするだけで、あらかじめ用意されていたキャッシュがスグに出てくるので楽チンでした。

ただし、この両替方法を使うにはFX口座の開設という一手間が必要となりますから、面倒臭い、興味が無い、という人は読み飛ばして下さい。

興味あるよ、って方だけ続きをどうぞ。
誰でも簡単に両替できるよう、分かり易く詳細に手順を解説したつもりです。

おおざっぱに流れは4つ。
1,口座開設
2,両替
3,受取り依頼(通貨や額、場所の指定)
4,実際に空港で受け取る

これだけです。

ではスタート!

 

◆外貨両替受け取りサービスを行っているFX会社に口座を開く

外貨両替受け取りサービスを実施しているFX取引会社は何社かあるのですが、ここではワタシが今回の記事用に口座を開き実際に両替で利用してみたマネーパートナーズ(親会社マネーパートナーズグループ・東証2部上場(8732))に登場して頂きます。
もちろん、資金の安全性(マネーパートナーズの資金は信託保全で守られます。)、操作画面や実際の受取りでの利便性も考えてのセレクトです。

そして、肝心な両替した外貨の受取りですが、
・成田空港駅(第一ターミナル)B1F、京成たびるーむ
・成田空港第二ビル駅rB1F、京成たびるーむ
・関西国際空港トラベレックス関西空港駅店

の三カ所で可能になります。

 

ちなみに普段のFX取引にエアトラがいつもお勧めしているGMOクリック証券ですが、残念なことにこの外貨両替(コンバージョン)サービスだけは対応していないんですよね。
ということで、海外旅行時の外貨両替用としてマネーパートナーズに口座を開設しました。

 

◆FX口座に入金をする

無事口座開設が済めばマネーパートナーズにログイン。

クイック入金(三井住友、楽天、ジャパンネット、みずほ、ゆうちょ、三菱東京、住信SBIに対応)と、口座開設者全員に与えられる専用振り込み口座を利用した銀行窓口やATMからの振り込みのどちらかの方法によりマネーパートナーズの各自口座に入金します。

ここでは手数料無料な上に瞬間で完了するクイック入金の使い方を説明します。
銀行窓口やATMからの振り込みは作業は誰もが知っている単純な振り込み作業なので省略します。振り込み手数料もかかりますしね。

 

 

ログイン後のトップページはこんな感じなので、資産管理のタブからクイック入金を選択、ポチっと。クイック入金の画面に切り替わります。

 

クイック入金に対応しているのは上記の銀行です。
これだけあれば皆様もどこか一つはオンラインバンキングで利用されていることでしょう。

・入金元になる銀行を選びます。
・入金先を指定します。指定するのはパートナーズFX受け入れ証拠金。
・各自入金する金額を記入し、クイック入金確認のボタンをクリック。

 

上記の様な確認画面(上記例では10万円の入金)が出ますから、入金を実行してください。

ほぼ即時にマネーパートナーズの口座に入金した額が残高として反映されます。

 

◆両替(コンバージョン)の手続きをする

円から両替して、空港で受け取ることができる通貨は、米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフランの4種類。

マネーパートナーズのWEBサイトにて先ほど入金した円からの両替手続きが必要となります。両替可能な時間は午前8時から翌午前3時まで。
土日祝日は営業日ではないので手続きできませんが、金曜日の夜をまたいだ土曜日の午前3時までは両替可能です。


両替レートについて
マネーパートナーズFXが普段提示しているリアルタイムのレートに20銭上乗せされた額が両替レートになります。銀行なら2円70銭から3円ほど乗っけてきますから、大違いですね。一手間かければ銀行での両替する場合に比べて手数料が「9割オフ」にもうなずいて頂けるでしょう。

但し、マネパで両替して空港で受け取る場合、事務手数料500円が別途発生します。
この手数料は500円は銀行両替なら必要ありません、彼らは両替レートで十二分に儲けていますからね。


 

さ、実際に両替いってみましょー。

・マネーパートナーズFXにログイン。
・取引タブから「パートハーズFX」をクリック。
・口座管理タブから「外貨両替(コンバージョン)」をクリック

「次へ」を押して進むと、上記のような画面になります。

次は両替したい通貨と額を設定します。

 

上記の例では米ドル1000ドルを選択します。
その後「次へ」をクリックすれば、下記の確認画面が表示されます。

 

ということで、「コンバージョン実行」をクリックするだけ。
これで両替は終了しました。

ちなみに、上記の画像表示は少し前の円高が今よりハイパーだった頃のレートです。
現在だと1ドルは80円ソコソコになりますね。

 

上記の例では、1000ドルや1000ユーロを指定して両替するパターンですが、もちろん10万円を全額ユーロ、全額米ドルに両替など、下の画像のようにマネーパートナーズに入金した額を1円も残さずに外貨に両替することもできます。
あ、但し、両替受け取りの事務手数料500円だけは口座に残さなければなりません。

 


10万円をUSDに両替することにして、

両替(コンバージョン)を実行するだけです。

 

◆両替した通貨を受け取る準備をしましょう

さ、両替が済んだので、次は空港で受け取る準備をします。
マネーパートナーズFXにログインします。さっきの両替の流れでログインしている人はそのまま。

 

資産管理のタブから「振替・移動」をクリックすると次の画面になります。


あとは上記の画像通り、
・資金の振替・異動元として「パートナーズFX受け入れ証拠金」を選択
・資金の振替・移動先として「パートナーズFX未使用預かり金」を選択
・金額を指定する(上記例では1000ドルを受け取ろうとしています)

選択・指定が終わり「振替・移動確認」をクリックすれば確認画面に移ります。

 

で、「振替え・移動実行」をポチっと。

振替・移動が完了しました。

これで外貨を受け取る準備完了です。

なお、受取り期間は31日前から指定することができますが、空港で受取りたい日時の2週間前までに両替を済ませ、受取り手続きを終了しておく必要がありますので、余裕をみたスケジュールで手続きして下さい。

 

◆受け取り依頼、受け取り日時、場所の指定をしましょう

さ、手続きは完了、あとは受取り方法の指定だけです。
マネーパートナーズサイトにログインの後の画面「外貨受取」ボタンをクリックします。

 

現在のところ、受け取りは成田空港か関西空港のみになっています。

 

ついに外貨受取サービスの画面に辿り着きました。

受け取りの上限額は、各通貨ごとに設定されており、
US1万ドル
欧州5000ユーロ
英国3000ポンド
スイス3000フラン
がMAXとなります。

クレジットカードが使えない場面を補完する意味合いでの現金両替ですし、これだけあれば不足することもないでしょう。

成田空港受け取り
第一・第二ターミナル共に9:00AMから18:00PM

関西空港受け取り
5:45AMから23:30PM

となっており、関西空港のほうが柔軟な受け取り体制を設けていますね。

ということで「受け取り依頼画面」をクリック

 

 

画面が以下のように変わります。

1,受取金額の欄で希望の通貨パックを選択
(上記画像は2000ドルを受け取る場合です。もちろん1000ドルでも1万ドルでも受取り額に合わせて通貨のパックを選択できます。)

2,受け取り期間より受け取り希望日を選択

3,受取窓口から成田空港(第一、第二)か関西空港を指定

4,全て選択した後「受取依頼確認」ボタンをクリック

すると確認画面に変わります。

内容をよーく確認してから「受取依頼実行」ボタンをポチっと。


お疲れ様でした。これで全て完了です。

 

 

上記のように受け付け番号と受取り額が表示されますから、印刷するか、受付番号をメモに控えるなどして、出発日当日に受取窓口に行って外貨を受け取って下さい。

受け取る現金はこんな感じでパックされています。

 

マネーパートナーズの口座開設はこちらから行えますので、良いレートで両替したい方や、当日空港で並ぶのが嫌な方は一度試してみてください。
長々並んで時間を割き、且つ劣悪なレートで両替している方が気の毒に思えてくるかもしれません。

ちなみに出発当日しか受け取れないワケではなく、前日でも3日前でも、空港が近い日とならば旅行に関係なくとも、外貨を両替して受け取ることが可能ですので、単純に米ドル現金をタンスに預金したい方なんかにもお役立ちですw

 

 エアトラベラーズ 海外一人旅のススメ

期間限定キャンペーンや注目情報はこちらから
目的のページにダイレクト、エアトラパワーツール
海外一人旅に出よう! 海外一人旅持ち物リスト
ご意見、ご質問、文句等々はエアトラチャットにて


 

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

2012年12月6日

タグクラウド

このページの先頭へ