FX取引中な方へ朗報。そろそろ外貨資産を準備したい方も有効活用を。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

◆進む海外への現金シフト

現況、円高ですので、海外に日本円を持って行き現地通貨に両替、来るべき暴落やショック安にでてくるお値打ちモノを買うために現金を海外へシフトさせている方が増えています。
海外に行く機会がそれほど多くなく、実行したくてもできない人でも、この円高が終われば、いずれ超円安がくると考え、それまでに備えておきたい方もいらっしゃるでしょう。
そういった方は、せめてFX業者を使い、円売りドル買い、円売りユーロ買い、円売り豪ドル買いを行う等々の取引をしながら、それぞれ外貨建て資産のポジションを少しずつ増やしていくことで将来に備えていくのも一つの方法です。

  ◆FXは怖いモノなのか、現金両替とどう違う?

FXと聞けば、大きく張って大きく勝ったり負けたりする人の話もあるので怖いモノかとお考えの方もいるでしょう。
確かにレバレッジを使い、300万しか持ってないのに3000万円の外貨を取引するから大損するし、大儲けもできるワケです。
ですが、基本的にレバレッジを1倍にして取引するならば、銀行に行って1万ドル下さいなという「両替」とほぼ意味は同じで、危なくもなんともありません。

  ◆FX取引のメリット、デメリット

FX取引のメリットは銀行で両替する時のように2円から5円程度の手数料を取られないこと。
逆にデメリットはキャッシュからキャッシュに両替ではないので、画面上での外貨資産は見えても即現金化することはできないこと。 が代表的な例として挙げられます。


◆取引している人は最低でも2社の口座開設を

で、一番大事なのは何処の会社を使って取引するかということです。
基本的にはシステムトラブル等のリスクを考えて、必ず2社以上のFX口座を開くのが普通です。
1社がだめでも、もう1社を使ってなんとかリカバリーできますからね。

特に為替が激動する時期は、変な会社や大手会社でさえもサーバーのレスポンスが激悪化し、思い通りの取引ができません。
ワタシは一度これでどえらい目にあって、マンションが買えるぐらいの額が20分ほどで飛んでいったことがあり、そのついで?にヤケクソでマンションを買ったことがあります(笑)

こんな悲惨な経験をする前に予備口座は開いておかれたほうがよいです。

  ◆エアトラがオススメしてきたFX業者

エアトラベラーズではGMOクリック証券DMM.com証券を推奨してきました。
他にもっと広告料を払ってくれてウマーなFX業者が沢山あるのですが、ウチは金儲けでやっているワケではありません。

ワタシ自身が自分で口座を開設し、しばらく実際に使ってみて、「イイ!」思った会社を推奨しています。
で、そのGMOクリック証券ですが更に頑張ってくれています。


◆GMOクリック証券の顧客に対して優しいレート

FXは業者によって為替レートに差があるのはご存じかと思います。
当然、安く買えればトク、高く売れればトク、その逆は損ということになります。

GMOクリック証券ですが現在、FX業界で客にとって一番有利なレートを提供しています。(小規模で顧客財産管理やシステム、サーバのレスポンスに不安がある業者は除外します)

普通、FX業者が提示する為替レートのスプレッド(差)は米ドル円ならば2銭ほどに設定されています。
例えば買値が78円ならば売値は79.98円、といった感じでポジションを取った瞬間に2銭の損失が確定、これが業者の儲けとなります。
つまり我々が儲ける為には、最低でも2銭以上の差益をとって始めてトントン、それ以上からがプラスになってくるワケです。

その中でGMOクリック証券は先月から米ドル/円で0.4銭原則固定!!という思い切ったスプレッドを顧客に提供を開始。
他通貨もユーロ円が0.9銭原則固定、豪ドル円1.4銭原則固定等々、ほぼFXのプロ並みに有利な為替レートを我々素人の一般客が使えることになりました。
特に安定した豪ドルを狙っている方は多いでしょうから、1.4銭原則固定は魅力。 これは立派だと思います。


◆一年間取引すればビジネスクラスのチケットがタダになったり?

ワタシがいつもお世話になってウハウハ過ぎるユーロの売りをGMOクリック証券で行った場合、スプレッド0.9銭ですから、仮に10万通貨ずつ月に20回の取引を行ったとするとワタシの負担コスト(業者の儲け)は、
→0.009×100000通貨×20取引回数=18000円。

これが業界最王手と言われる外為ドットコム等の大手業者で一般的に適用されているスプレッド、2銭から3銭を利用して取引していれば40000円のコストがかかってしまいます。
→0.02×100000通貨×20取引回数=40000円 結果として業者を選ぶことで取引コストが半分以下になり、同じ取引、同じ結果で決済しても自分の手取り(利益)が一ヶ月で22000円も増えてしまいます。

1年、12ヶ月になってくると約25万円の差がついてくるワケです。
ビジネスクラスでハワイにいけますね♪

ボリュームを小さくトレードしてらっしゃる方でもトータルすると1年ではかなり利益が変わってくることでしょう。
例えば、1年の取引結果がちょっとマイナスだった人でもGMOクリック証券で取引していればプラスだった、というケースも出てくるワケで。

◆DMM.com証券も期間限定でGMOと同じスプレッド提供中

ちなみにDMM.com証券もGMOクリック証券のスプレッドを提供中です。
ですがキャンペーン扱いなので期間限定となり、常時狭いスプレッドを設定しているGMOクリック証券が一歩リードといったところ。

DMM.com証券がキャンペーンを延長してくるかどうか。
ワタシはいつでも中止できるようにキャンペーンという形をとっているだけで、基本延長してくると見ますが、果たして。

いすれにせよ、利用する業者によるスプレッドからくる収益の差はかなり大きいです。
FX取引をしてらっしゃる方は是非他社と見比べて参考にして下さい。


◆エアトラはGMOの回し者ではありませんw

ちゃんと信頼できる大手で、システムトラブルもほとんどなく、信託保全も万全、モバイル、iPhone、スマホでのトレードにキッチリ対応しているGMOクリック証券。 FXを始めようと考えている方、他社で取引しつつ、なんだかなぁ?と感じてらっしゃる方はGMOクリック証券DMM.com証券を選択肢に入れてみてください。

→【質問へ回答】投資活動を始める理由は? GMOクリック証券ってどう?


◆円高の今、いずれやってくる老後に向けた財産構築を

いずれ円安時代が来るでしょう。
銀行や証券会社での外貨預金もいいですが、それなら圧倒的に手数料の安いFX業者を使えばいいのではないか、と。
決して怖いモノでも怪しいモノでもありません。
ちゃん仕組みを理解し、持っているお金以上の大きな取引をしなければ安全に外貨を蓄えていくことができます。

一気にやってしまわず、計画を立てて様子を見ながら行動に移していくことも大事ですね。


◆FXってなに?の人にオススメする本 ●FXのことを基本から理解したい人に参考書を聞かれたら、
「はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール」
という本をいつもオススメしています。

楽天ブックスで見る
Amazon.co.jpで見る

一通りの事がすんなりと頭に入ってきますし、何が危険で何が安全なのかを良く理解できる内容です。



◆FX、うーんイマイチ勝ったり負けたりですなぁ、の人にオススメする本

●ある程度FXの事が解り、勝ったり負けたりしている人には、
「FXで稼ぐ47の法則-なかなか勝てない人のための急所ガイド」
という本を読んでみてはいかがでしょうか。

楽天ブックスで見る
Amazon.co.jpで見る

ワタシも最近読んだのですが、ハッと気付くことも多いですし、コンスタンスに稼ぐための手法やアプローチを出し惜しみせず書いてくれている良本だと思います。


もう絶対に国は面倒みてくれませんし、誰も助けてくれません。年金は崩壊します。
払うお金や税金は増えてゆくばかりナリ。
じゃ、所得増やそうぜ、というのがエアトラベラーズの考え方です。 日本が完全終了してしまう前に。デフレスパイラルを止めよう。
読んで共感してくれる人がいれば嬉しいデス!
=======================================
◇ エアトラ! トップページはこちらから
◆ 使って便利! エアトラパワーツール
◇ 質問や経験談、ご意見は新エアトラ掲示板
=======================================
スルガ銀行ANA支店

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

タグ

2012年1月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑談

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

タグクラウド

このページの先頭へ