ANAのファーストクラス用エアパッド、1年と3ヶ月ほどのレビュー

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

ネルトラベラーズ!

エアウィーブが注目されいるのかどうかワカリマセンが、下記の記事、1年以上前のアップにも関わらずアクセスがかなり多いんです。
ということで去年の4月に書いた記事、ANAのファーストクラスで採用されているエアパッド の引き続き使用レビューです。

airweave.jpg
 

ANAのFクラスにも採用された「 エアウィーブ エアパッド016
ワタシが買って使用中の「 エアウィーブ ダブル

1年以上使用しているので経年劣化が気になるところですが、腰やおしりにあたる部分のヘタレ、凹みは今の所、全く感じられません。

通気性もよく、夏もほぼムレないので快適に過ごせています。

香港の友人に「ダブル」をプレゼントしたところ、超気に入った、とのことで周りに配るからと3個も発送を頼まれたぐらい。
たぶん多くの人が実感できる良品なんでしょう。

詳しくは airweave のサイトから

夏モデルの冷感タイプ「クール」が発売されているのを発見、気付いたらポチっていました…w

◆長期試用できないのが難点

やっぱり睡眠は大事ですよねぇ。
トシ取ってくると痛感するこの頃です。

ベッド、マット、布団、毛布、シーツ等々、いままでウン千万と使ってきましたが、やっかいなのは家族でも各自にフィットするものが違うこと。
100万円するベッドから1万円のマットまで、結局は買ってみてしばらく使ってみないとワカラナイのが寝具ですよね。
ショールームやホテルでちょっと寝ただけで判断できるもんでもないし。

で、どんどん買って試用していくと、置き場所がなくなり処分に困るワケです。
ワタシ、日本の自宅にはベッドとマットだけの物置になっている部屋があるぐらいw
でもそのおかげでマットやピローは震災の寄付に役立ちました。

◆人生の伴侶。出会えればラッキー

そういうワタシは最近シーリーやエアウィーブを愛用中。家族にはシーリーがダメな者もいます。
自分にピッタリあった寝具を見つけると、人生が一変するケースもあるぐらいですから、皆さんも自分に合ったモノに巡り会って下さい。
高いモノでも安いモノでもピッタリ寝具に巡り会う→調子よくなる→ひらめく→儲かるの図式で還元されますので(笑)

ソコソコの寝具ならどれを使っても過不足はありませんが、ベストフィットなブツに出会った時の感動は特筆モノです。
涙がでるぐらい感動しますw

嫁と同じですな

押し売り屋のように「この布団ならガンが治る」とかワケの解らん事を言うバカはさておき、、実際には悩まされていた腰肩首のこりや痛みから軽い鬱症状や無気力状態等は合うものを出会うことで劇的に改善するケースも多々あります。ガンは治りませんよw

寝る時間は長いし、お金を使うところですよね。
ワタシのツレには乗っている車よりベッドのほうが高かったという珍しいヤツもいますが、見栄っ張りには出来ない行動です。
ですが、その本人は人生が変わったと申しております。
仕事もうまくいくようになって、ベッドより高い車が買えたそうで(笑)

特に体にガタが来ているジジババは寝る体力もなくなってきていますから、負担なくゆっくり休めるモノを見つけてあげたいものです。
これって長生きにも繋がって親孝行にもなりますし。

いろいろ試させてあげるととっても喜びます。
親の笑顔は見れるウチに見ておきましょー。

【関連記事】
ANAのファーストクラスで採用されているエアパッド(更新)
なでしこジャパン、世界一の凱旋帰国もエコノミークラス。
ユナイテッド、史上初のチタンカード発行。1000万マイラー誕生で
A380のビジネスクラスに一番安く乗る方法は?
自由に生きる金持ちバックパッカー増殖中
マレーシア航空、F客にポルシェ送迎サービス

 Check  このエントリーをはてなブックマークに追加   Yahoo!ブックマークに登録

=======================================
◇ エアトラ! トップページはこちらから
◆ 使って便利! エアトラパワーツール
◇ 質問や経験談、ご意見は新エアトラ掲示板
=======================================

anashop787.jpg

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

タグ

2011年7月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ANA

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

タグクラウド

このページの先頭へ